たくさんお金をかりるために


カードローンを利用して、またキャッシングを利用して、たくさんお金を借りるためにはコツがあります。そしてそのコツは一つしかありません。


それはズバリ実績を積むということです。


断っておかなければいけないこととしていることが一つあります。それは一長一短で莫大なお金を借り入れすることはできないということです。つまり、このコツというものは1回の申請時にどれだけ借り入れできるのかという話をしているのではないのです。


また、一社から借りられる限度というのは800万円ぐらいや1000万円ぐらいまでですので、たくさん借りようと思えば、沢山のカードローンやキャッシングを事前に申し込んでおく必要があります。与信情報や利用者情報は信用調査会社のデータ上、共有されているというのは先ほどからお伝えしている通りですが、複数の会社のお金を利用していても、その都度何度も借りて返すという実績がある利用者の場合は、貸し付ける額そのものが増えるため、結果的にトータルでの借り入れの額は大きくなります。


管理人の知り合いでも67社から合計で5000万円程度借りれることを成功している人がいます。

彼は、大きな局面でお金がいることもあるかもしれないということで、普段より、使わなくとも少しずつ借り入れをしながら実績を積み重ね、信用枠を広げる努力をしていました。

考えてみれば、事業者が銀行と付き合う時と似ています。やはり会社の決算報告書を見て3期程度やっている実績を見て銀行は少しずつその会社を評価し、少額から貸し付けます。


しかし、年々売り上げと借りたものが堅実に返させている実績を持って銀行は少しずつ貸し付ける額を増やしていきます。

カードローンキャッシングといっても金融機関からお金を借りているという意味では全く同じですので、同じような発想のもとお金を借りれるわけです。
この原理をしっかり理解して、特別必要はなくても、たまに借りておくことも良いかもしれませんね。