カードローンについて語る@


カードローンを利用している人たちが、今の日本の社会人と言われている中で、果たしてどれくらいの方が利用しているか、皆さんはご存知でしょうか?
身の回りでどれくらいカードローンを利用する方キャッシングを利用している方がいると思いますか?


考えてみてください。


統計によりますと実は、社会人の約3割がカードローンやキャッシングを利用しているといわれています。正直管理人はそのデータをはじめてきたときびっくりしました。

私もほとんどキャッシングについて知識がなかったことと実際に利用したことがなかったために、自分が思っていたよりも多いんだなというのが率直な感想でした。
カードローンを利用する最もメジャーな理由は単に。遊びや友達との交際の中で利用頻度が上がるということのようです。

昔、イメージにあったような生活苦で借金をするしかない、といったような貧乏なイメージとは全然違いますね。

そうなんです。

単純に手軽に今手持ちがないからという理由で使う方が大半なのです。もちろん経済的な面もあります。

2013年アベノミクスといわれ、日本の経済は回復傾向にあると言われてはいますが、まだまだ給料が上がったとか、日本時代の国力は回復したというような景気のいい話は聞こえてきません。

そんな中で誰しもが経済的に不安を抱え、その不安の解消の一つとしてカードローンが気軽に使われるという文化が今の日本には根付きつつあるのです。ただし、お金を借りるということは本来人にとって非常にストレスがあることでもありますのでよほど安心できるしっかりとした企業のサービスでないと、人はなかなか借りたりはしません。

そういった消費者の心理をくみ取ってか、さまざま著名人や有名人を使いながらテレビCM を流し、カードローンを利用することは極めて普通なことだという意識付けに大手企業は成功しています。