金利について考える


ほとんど利用者が金利についていちいち細かく調べて借りているような状況ではなさそうです。

その理由としてまず、カードローンの利用者側に、そこまで細かくチェックしなくとも、数日ですぐに返す、というつもりで借りるから、いちいち比較検討などしないということがあるでしょう。


事実、アコムやプロミスなど大手企業が有名人著名人を使ってイメージを柔らかくしようと躍起になっていますが、その中で金利のことがほとんど出てこないと言っても過言ではありません。


もちろん、お金を借りる時、金利については、事細かく書かれていますが、実際あまり見ていないのではないでしょうか?


またキャンペーンなどでは今なら10万円以下は金利がタダとか1回目はほとんど金利がつきませんというような、使いやすさを訴えるキャンペーンが散見されます。


ただこれがヘビーユーザの場合は違います。


何度も何度もカードローンやキャッシングを利用しているので、その使い方についてはよく把握してい為、その結果、気づくことが一つありました。
それは一番わかりやすく目に付くところに書いてある金利のパーセンテージは最低の金利であり、多くお金を借りた人に対して提案される金利だったりするのです。


例えば500万円以上お金を借りている人は金利をぐっと下げますよと言った具合です。


しかし銀行カードローンやキャッシングで500万円借りる人が周りに存在するでしょうか?また、金融機関側もそんな簡単に500万円もの大金を貸すはずがありません。その500万円は、長年の利用実績があって初めて貸し出される非常に特殊なボリュームということができます。


つまりはほとんどの利用者にとって到達しない巨額の借り入れ額の、その最低の金利を、CM や広告の中で露出することによって、3万円程度借りてもこれくらいの記入でいいのかというような錯覚を起こさせます。注意が必要です。