お金を借りる時知っておきたい法律


カードローンを利用する際やキャッシングをする際に利用者が絶対にしておいた方が良い法律があります。それは利息制限法、貸金業規制法、出資法この三つです。


出資法は年間で29.2%を超える利息をもらえることはダメだというものです。
利用しようとした際に、年間の金利が29%を超えているものは完全に違法です。


また、グレンゾーン金利についても説明します。

グレーゾーン金利とは利息制限法の上限金利である年間20%と出資法の定める上限金利である29.2%の間の金利を指します。

平成18年12月に貸金業法の改正がなされ、その3年後グレーゾーン金利は撤廃されました。


ちなみにグレーゾーン金利の上限額は29.2%です。

本来借りた人がお金を返すのは当然のことですが、29%もの金利はやはり高いとなり最低返済額である利息だけは毎月支払って元金が解せない方が大勢いました。そこで、弁護士が異常に増えて食べていけない弁護士がこの世には存在するために、彼らの食いぶちとして狙われたのが債務整理のサービスでした。


金融業者にしてみればたまったものでもありません。


法律はその時々改正されることは分かりますが、この、貸金業の改正によって、過去にまでさかのぼって金融業者は利息を返還しなければならないということなりました。法律は今よりも将来にわたって改正され、その効力が発揮されるのです。

過去にさかのぼって法律の効力を実行してしまえばあらゆるビジネスが原則的にはできないことになります。過払い請求や債務整理は借り入れをした本人からしてみれば肩の荷が下りる救いの一手かもしれません。

しかし、真面目に人にお金を貸しながら商売をしていた個人の金融業者が、過払い請求という制度を国が認めたことによって職を失った事実もあるのです。カードローンには直接は関係ありませんがこの背景はしておいて損はないでしょう。