リボルビング払いの優秀な点


リボルビング払いとは先程も説明をしたように、カードローン利用者が、借りたお金を返済する際に、あらかじめ、返済する額を決めて、その一定額を支払うことができるという方式です。


このことによりキャッシングをした人達は、無理ない返済をすることになります。

もちろん、毎月の支払う金額を自分で決めていますので、無理のない金額を支払うことになるわけではありますが、その事により、返済期間が長引いて結果的に金利分はたくさん支払うという事は起きてしまいます。


このリボルビング方式は、以上のような理由で、カードローンの業者に良いように消費者がやられてしまっているのではないかというふうに、考えられなくもないのですが実はそうではないのです。


それは一体なぜでしょう?


答えましょう。会社というものはよほどブラック企業でない限りボーナスがあります。そのボーナスというものが支払われた際、一気にまとめて返済をすることは可能なのです。

家のローンでもあるような繰り上げ返済というものですね。このようにして手持ち資金に余裕が出た時に、ATM へいって、臨時で入った収入を一気に返済につぎ込むという光景が日本のあちらこちらで見受けられます。もちろん。臨時で手にしたお金は、ATM でだけ払い込みが可能だというわけではありません。

今流行りのネットバンクいわゆるインターネットを介しての入金ももちろん可能でございます。このようにしてATM やネットバンクを通じて繰り上げ返済をしていき、そのような余裕がないときは、キャッシング利用者自身が決めた指定額を、淡々と返済していく、これはリボルビング払いの全容となります。


お金を借りるような状況にならないことが1番いいですが、生きていたらいろんなことがあります。その時はリボルビング払いをしましょう。